CodeIQ MAGAZINECodeIQ MAGAZINE

エンジニアのプレゼンにありがちな「落とし穴」──澤円のプレゼン塾(その1)

2014.05.07 Category:【連載】澤円のプレゼン塾 Tag: , ,

  • 54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

技術や製品やサービスの機能を正確に伝えようとするあまり、一方通行のプレゼンテーションをしてしまい、相手にまったく響かなかった…そんな経験はありませんか?

技術プレゼンのエキスパート澤円氏による「プレゼン塾」新連載・第一回はエンジニアのプレゼンにありがちな「落とし穴」について考えます。
by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

「伝えられるエンジニア」への道 ~はじめに~

ITエンジニアの皆さんは、なぜその道を選んだのでしょうか。

コンピュータが好きだから?
コーディングが得意だから?
理系でなじみが深かったから?

もしかして「話をするのは得意ではないから」「人と会うのが苦手だから」という「消去法」でエンジニアの道を選んだ方はいませんか?

今や、「コミュニケーション能力」はビジネスの中で最も必要とされる基本スキルになりました。その方法は、対面での会話だったり、大衆に語りかけるプレゼンテーションだったり、電子メールによるやり取りだったり。

コミュニケーションをとらずにできる仕事は、もはや存在しないといっても過言ではないですね。

であれば、もともと技術力のあるITエンジニアの皆さんが、コミュニケーション能力を磨けば、もっと「得」をすることができるのではないか、と思ってこの執筆を始めました。

皆さんのコミュニケーション能力がアップして、「さらにデキるITエンジニア」への道をまっしぐらに進んでいただけることを祈っております。

ITとプレゼンテーションの関係

スティーブ・ジョブズの名を出すまでもなく、ITの世界とプレゼンテーションはもはや切っても切り離せない関係になりました。

新しい技術、素晴らしいソリューション、クールな製品は、優れたプレゼンテーションによって世の中に「効果的に」伝えられます。

どんなに素晴らしい製品やソリューションでも、発表会などでのプレゼンテーションで魅力を伝えられなければ、マーケットに大きな影響を与えることはできないでしょう。

発表会が行われるような大きな規模の話ではなくても、社内業務アプリケーションのアップデートや、顧客のシステムメンテナンスなどの説明も、プレゼンテーション次第でその結果が大きく変わってきます。

エンジニアが全ての判断ができるのであれば話が早いのですが、最終的な判断を下す人物がITに詳しくない、「ITが大の苦手」な場合も大いにあり得ます。

そんな時こそ、エンジニアの皆さんのプレゼンテーション力が試されるわけです。
では、エンジニアがどのようにプレゼンテーションをすれば効果的なのか、紐解いていきたいと思います。

エンジニアのプレゼンテーションにありがちな「落とし穴」

さて、まず考えてみたいのが、エンジニアの皆さんのプレゼンテーションにありがちな「落とし穴」です。

エンジニアは技術的・機能的な部分を説明することを求められる場合がありますよね。その時に優先するのはどんなことでしょう。

最優先するべきは「情報の正しさ」だ!と思った人は、要注意。これこそ、一番エンジニアが陥りやすい罠なのです。

「技術や機能を正しく伝えなくてもいいのか!?」と、鼻息荒くするにはまだ早いです(笑)。「情報の正しさ」を追求するあまりに、「受け取り手不在」のプレゼンテーションになっていないかをチェックする必要がある、というのが私の論点です。

「この機能は細かく説明しなくては」
「この画面推移は全部見せたほうがいいな」
「やっぱりパフォーマンスを裏付けるデータを比較表にしておこうかな」
と、いろいろと思いついて、あれもこれも入れたくなって。

30分のプレゼンテーション時間にもかかわらず、50枚のスライドができ上がったりして。1枚のスライドの中にはびっしりと文字が書かれてて。
結局、スライドは説明しきれず、途中早口になり、プレゼンテーションが終わった後の聴衆の反応はなんだか微妙な感じ…。

こんな悲劇的なプレゼンテーションに出会ったことがない方は、幸運です。
世の中には、このような悲劇が連日発生しているのです。私も何度もその場に立ち会いました。

「情報の正しさ」はもちろん必要ですし、不正確な情報を提供するのは言語道断です。ただ、「あれもこれも」「とにかく全部」と思ってしまうと、本当に伝えなくてはならないことがぼやけてしまいます。

「自分は若手で、そこまで技術力があるわけではないから大丈夫だ」と思った人も、気を付けなくちゃいけません。「十分ではない」と思っているがゆえに「せめて自分が知っていることは全部正しく紹介しよう」と思ったら、ほぼ同様の悲劇が待っています。

自分の知識不足を補うためにいろいろ調べて、その調べるプロセスまでスライドに記述してしまったりしたら、これまた時間無視の超大作に仕上がってしまいます。

では、どうすればいいのか。この連載の中で、私なりの考え方をご紹介していきたいと思います。

■「澤円のプレゼン塾」連載一覧


澤円さんの著書がKADOKAWA/中経出版から出版!

外資系エリートのシンプルな伝え方
仕事が5倍加速するコミュニケーションの技術

日本マイクロソフトのトッププレゼンターが伝授するIT時代における新しい「伝え方」の法則。
メール、チャット、電話、会話、各ケースにおいて結果が伴う「伝える手法」を豊富な経験と実例を基に伝授する!

絶賛予約受付中です!


澤 円(さわ まどか)氏
日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフトテクノロジーセンター センター長

立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。その後、競合対策専門営業チームマネージャ、ポータル&コラボレーショングループマネージャ、クラウドプラットフォーム営業本部本部長などを歴任。2011年7月、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長に就任。
Twitter:@madoka510

CodeIQコード銀行にあなたのコードを預けてみませんか?

  • CodeIQコード銀行ではあなたのコードを財産と考えます。
  • お預かりいただいたコードは、CodeIQコード銀行がしっかり評価し、フィードバックいたします。
  • 当コード銀行にお預けいただいたコードは、企業がみてスカウトをかける可能性があります。
  • 転職したい方や将来転職することを考えている方で、今の自分のスキルレベルを知りたい方はぜひ挑戦してみてください。
  • 企業からスカウトがきたら困る人は挑戦しないでください。

興味を持った方はこちらからチャレンジを!

  • 54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

2日で37回のプレゼンを聴いて思ったこと─澤円が伝えたい「本番で役立つ6つのプレゼンテク」... TECH LAB PAAK報告会、LINE BOT AWARDでのプレゼンを聴いて 皆さんこんにちは、澤です。 つい先日、二日連続でITイベントに参加して、たくさんのプレゼンを聴くことができました。 一日目は、TECH LAB PAAKさんの第7期生成果報告会。こちらの報告会では、13組のプレ...
あるエンジニアとの会話から見えたこと─澤円の「相手に役立つ情報を伝えるプレゼン」... 超高速光ファイバーサービスに変えようと決心 お久しぶりです、澤です。 今回は、澤の経験談を皆さんと共有したいと思います。 私の家の光インターネットは最高速度100Mbpsという契約なのですが、夜間だと下手すると350Kbpsとかまで速度が低下していました。 ISDNかよっ!とか思いながらの...
キーノート登壇を通じて知ったこと──澤円が伝授する「プレゼンを成功に導くシナリオ術」... 「Microsoft Tech Summit 2016」で70分のキーノート登壇 去る11月1日~2日の二日間、お台場ヒルトンにてマイクロソフトのコーポレートイベントのひとつである「Microsoft Tech Summit 2016」が行われました。 延べ2,500名を超える多くのお客様が来場...
エンジニアの話は、なぜわかりにくい?──澤円が伝授する「自分をアピールするためのプレゼン術」... 自分の実績や能力をアピールできてますか? この連載を読んでいる方々は、主にエンジニアもしくはIT業界の方、理系の学生さんなどではないかと思います。 そういった方々とお話ししていて、少なくない頻度で聞く悩みが「自分のやっていること、自分の成果を分かりやすく伝えることが難しい」ということです。 他...
声の出し方・立ち方・スライドの見せ方・盛り上げ方──澤円流プレゼンアドバイスの極意... 澤流プレゼンの眺め方 2016年5月23~24日の二日間、日本マイクロソフト最大の開発者向けカンファレンスである「de:code 2016」が開催されました。 ▲今回のde:codeは、CEOのサティア・ナデラも登壇 このイベントでは、134のブレイクアウトセッションがありました。一日目は10...
de:codeで登壇者に伝えた、プレゼンを成功に導く5つのポイント──澤流プレゼンレビュー法... 「de:code 2016」134セッションの中でトップスコア 2016年5月23~24日の二日間、日本マイクロソフト最大の開発者向けカンファレンスである「de:code 2016」が開催されました。 おかげさまで大盛況のうちに幕を閉じることができました。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうご...

今週のPickUPレポート

新着記事

週間ランキング

CodeIQとは

CodeIQ(コードアイキュー)とは、自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービスです。

CodeIQご利用にあたって
関連サイト
codeiq

リクルートグループサイトへ