CodeIQ MAGAZINECodeIQ MAGAZINE

Kinect,LEGO,Oculus Rift,IoT,HTML5…Windows女子部の勉強会が超ゴージャスだった!

2014.09.08 Category:勉強会・イベント Tag: , , , , , , ,

  • 23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
windows1

8/30に日本マイクロソフト社で開催されたWindows女子部の夏イベント「夏祭り!つながる、広がる、IT女子」。

チームビルディングから、スペシャルなメンター陣によるITトレンド講座や、最新ITガジェットプログラミング体験までしてみようというゴージャスな勉強会を潜入レポート!
by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

マシュマロチャレンジでチームビルディングを学ぶ

まず最初に行われたのは、マシュマロ・チャレンジ。
TEDカンファレンスでも紹介されたことで世界中に広がったチームビルディングの手法で、イノベーションを生み出す思考法としても注目されている。
今回は参加者の緊張をほぐし、コミュニケーションを深めるアイスブレイクの目的もあって実施されたのだとか。

マシュマロチャレンジのルールは4人が一つのチームとなり、与えられた以下の道具を使いできるだけ高い自立式のタワーを作り、その頂上にマシュマロを置くというもの。計測し終わるまでは立っていなくてはならない。プレイ時間は18分で2回行う。

  • スパッゲティ(乾麺) 20本
  • マスキングテープと紐を90cmずつ
  • マシュマロ
  • はさみ(スパッゲティやテープは切ってOK)

さあ、プレイ開始!各チームでタワーの個性が出ていて、なかなか面白い。

手堅くスパッゲティを重ねて土台を作り、高さを出していくチームもあれば、


大きな土台を作るチームも。でも、スパッゲティの本数が少ないと崩れやすい…?


2回目の計測タイムとも立ったタワーを作ったのは1チームだけ。

でもなぜか、2回目が1回目より低くなってしまったチャレンジングなチーム(笑)。

ランチの後は、LEGOマインドストーム ハンズオン

マシュマロチャレンジでアイスブレイクした後はランチタイム。

そして希望者のみ、LEGOマインドストームのハンズオンが行われた。

講師は株式会社ティージー情報ネットワークの森由貴さん。

MindStorms EV3を操作方法やセンサーの動作確認の講義を受け、実際に前進するEV3のプログラミングにも挑戦した。

ジニアス平井さんによるKinectセッション

午後のテーマは、ITのトレンドを楽しく学んじゃおう!

トップバッターで登場したのは日本マイクロソフトのジニアス平井さん。類まれな才能と卓越した技術力を持つ天才児で、日本マイクロソフトでの職歴は長いが、お金と権力を全く持っていないという技術オタクでもあるそうだ。

社内・社外問わず人望がアツく、あちこちの講演にひっぱりだこにも関わらず、Windows女子部・初代部長である椎野磨美さんの講師依頼は絶対引き受けてくれるのだという。

今回はKinectを利用したアプリケーションの体験型セッションだ。

まずはジニアスが作ったKinectを使った体力検査アプリの体験。

Kinectで手の動きを認知し、LEGOを操作する。

画面に表示される大縄跳びに合わせてジャンプ。
高いリズム感が必要とされると思いきや…

なんと右足の動きだけを認知しているので、片足立ちしているだけでもOKだったという種明かしも!

画面内にキャラクターと一緒に表示される自分と一緒に合唱する参加者たち。

手の動きだけでピアノ演奏もできるジニアスの新作アプリ。

Leap Motionを使ったアプリも披露!

画面のキャラクターとじゃんけんができるKinectじゃんけん。これも新作!

最後は早押しクイズアプリ。ニックネームの登録だけすれば、早押しクイズに参加できるとというもの。

回答ボタンを押すと早いもの順に表示され、一番早く押した人の画面が赤く表示される。はずれたら次の人に順番が回っていく。これ、いろんなイベントで使えそう!

今回は中学生や高校生の参加も多く、アプリ体験にも積極的に参加していた。最後にジニアスと記念撮影パチリ。

今話題のOculus Riftって知っている?

今話題のOculus Rift体験。リアルな3D映像に思わず尻もちをついてしまう人も!

実際にOculus Riftを体験したあとは、技術的な講義も行われた。

マッシュアップアワード(MA10)からスイーツの差し入れ!

おやつタイムには、マッシュアップアワード(MA)事務局からスイーツの差し入れ。今年はGeekGirl部を設立し、女性エンジニアやクリエイターの参加を応援する。参加者の皆さんは全員入部してくれることに!

MVP for Visual C# 瀬尾佳隆さんによるIoT入門 講座

続いては、MVP for Visual C#である瀬尾佳隆さんによるIoT(Internet of Things)入門講座。

2020年には500億台以上のモノがインターネットに接続されると予想されているが、実際に技術でどんなことが実現されるのかを、自動販売機やインターネット対応家電などを例にわかりやすく説明。これからのIoT活用についても語られた。

そして、IoTプログラミングの例として、.NET Gadgeteerを紹介。

瀬尾佳隆さん自作の.NET Gadgeteer。

瀬尾さんの話に聞き入る参加者の皆さん。

HTML5入門(山崎さん)

ラストの講義はデジタルハリウッド大学院などで講師を務め、「html5j」のHTMLビギナー部をはじめとしたHTML5の技術コミュニティで積極的に活動している山崎大助さん。

28歳でパソコンを始め、独学でWeb技術を学び、身に付けてきたという山崎さんはまず、夢を叶えるには意志や行動が必要だと語った。

そして、HTML5によって実現可能となったWeb技術や実例などを紹介。

例えば、Facebook Cover MakeはブラウザでPhotshop的な編集ができる。

最後になにかアイデアが浮かんだらまずは作ってみることが大切、失敗してもそれが次のヒントとなると説き、講義を終えた。

Windows女子部はメンバー募集中!

初代部長の椎野さんいわく、Windows女子部は10代から50代まで幅広い年代のメンバーが集っているのだとか。プログラミングや技術に詳しくない人でも楽しく学べるコミュニティなので、興味を持った方はぜひ参加してみては?

最後は参加者・講師の皆さんと記念撮影。とっても楽しい勉強会でした!

自分の書いたコードを誰かに評価されたいエンジニアは、けっこう多い?

ITエンジニアのための実務スキル評価サービス『CodeIQ』で出題されている「コード銀行」問題に挑戦すると、あなたのコードが評価されます。

評価(1)出題者からの評価  ⇒評価フィードバック例を見る

  • 企業ではたらくという観点からあなたのコードをチェックします
  • フィードバックされた観点をふまえてコードを書くと世の中の企業にとって「いいコード」が書けるようになります

評価(2)企業からの評価  ⇒評価フィードバック例を見る

  • 「あなたと一緒にはたらきたい」という企業からスカウトが届きます
  • あなたのコードが社会でどこまで通用するか、リアルな評価が得られます

興味を持った方はこちらからチャレンジを!

  • 23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

シブすぎHoloLensに男泣き!─「VR Tech Tokyo」に潜入して、HoloLens体験し... 「VR Tech Tokyo #6」でHoloLensを体験! ということで、前回に続き、今回の「VR Tech Tokyo #6」は、見ル野栄司さんと取材におじゃましました。 当日のセッションは、日本マイクロソフト鵜木健栄さんによる「Windows はAR/MR/VR/HDRの夢...
Webブラウザ技術で、直接モノを制御する!「Web×IoT メイカーズハッカソン」【1日目】... ハッカソンのテーマは「ブラウザからのハードウェア直接制御」 今回のハッカソンでは、「ハードウェアの制御をブラウザー技術だけでコントロールした作品づくり」というテーマが設定されました。 ブラウザといえば「PCやスマホからWebサイトを閲覧するためのもの」というイメージがあります。あまりハードウェア...
Webブラウザ技術で、直接モノを制御する!「Web×IoT メイカーズハッカソン」【2日目】... 2日目開始 翌日3月19日の朝。目黒は2日目も良い天気に恵まれました。本当によかった! 1日目の様子を振り返る ▲いよいよ最終日。目黒駅から会場に向かう途中に渡る目黒川の様子 この日のハックは10:00から。14:30からの成果発表までの4時間半が各チームに残された時間です。 ただ見学...
食品をプリントする!?オランダTNOのフード3Dプリントへの取り組み... TNOっては? フード3Dプリントに早くから取り組んでいる機関として、オランダの「TNO: the Netherlands Organization for Applied Scientific Research」がある。 TNOは3Dプリント技術の研究開発や産業ベースでの展開を行っている研究機...
HoloLens80台で仮想空間を共有!世界最大の実験イベント「Tokyo HoloLens Mee... 約80人のHoloLens所有者が同じ仮想空間を共有 Microsoftが開発した「HoloLens」の日本での発売を記念し、「Tokyo HoloLens Meetup vol.1」がイベント&コミュニティスペースdots.で開催された。 今回のイベントでは約80人のHoloLens所有者...
日本マイクロソフト西脇資哲氏が語る、Microsoft最新テクノロジーとエンジニアのキャリア形成方法... JBSトレーニングセンター特別記念セミナー第2弾 日本ビジネスシステムズ(JBS)は、2016年10月に東京・虎ノ門にJBSトレーニングセンターを開設。それを記念して、第二弾となる特別記念セミナーが11月24日に同センターで開催された。JBSの辻陽太氏は、以下のようにコメントを寄せている。 ...

今週のPickUPレポート

新着記事

週間ランキング

CodeIQとは

CodeIQ(コードアイキュー)とは、自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービスです。

CodeIQご利用にあたって
関連サイト
codeiq

リクルートグループサイトへ