CodeIQ MAGAZINECodeIQ MAGAZINE

アプリで育てたタチコマが実機で接客してくれる!?──ロボットエンジニアが語る開発の面白さ

2017.01.10 Category:勉強会・イベント Tag:

  • 17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの人気キャラクター「タチコマ」を活用した接客サービスの実証実験が始まることに先立ち、メディア向けにお披露目がありました。 by 新井 秀美

「タチコマ」を活用した接客サービスの実証実験が始まる

──なぜ今回I.Gストアで実証実験が行われることになったのですか?

karakuriproductsではコミュニケーションロボット、つまり非製造業で動く、社会で活用するロボットの開発をしています。

一般的には現状、ロボットでできることは少ないと思われている。大きな問題として、ロボットのためのインフラがありません。たとえば車であったら、道路があり、ユーザーのリテラシーがあってという環境があるが、ロボットのための設備や法律がまだ揃っているとは言えない。

この状況を打破するには、「ユーザーとしてこういうキャラクターだったらほしい」というニーズがある状態で適度な焦点を見つけながら、「リアル感と収益をうまくバランスさせることができないか」、「ロボットがいていい社会をどう作っていくか」という課題の中で、実証実験が行われることになりました。

左から、karakuriproducts 松村礼央氏、タチコマ1/2サイズ、プロダクション・アイジー 郡司幹雄氏

──ロボットのデザインをオリジナルではなく、攻殻機動隊のIPを使用したことのメリットはどのあたりに感じていますか?

かなり考えた部分でもあります。コンテンツを作っていくことと、今までロボットが入っていなかった領域を開拓するという2つのことを同時に進めなければなりません。

オリジナルのコンテンツを使うことのメリットもありますが、すべて自分でやるのは現実的ではないと考えました。

ロボットはコンテンツを作って終わりではなく、その後の展開を考えると、餅は餅屋として専門家に任せることがベストだと感じたのです。

なぜタチコマを選んだのかといったら、単純に自分が好きだからということにつきます(笑)。

そして、タチコマの声は今回のために声優さんが取りなおしてくれたのですが、ファンとして単純にうれしいです。自分を含めファンの皆さんがアニメのキャラクターを現実化していくことに楽しさを感じていることを実感しています。

──ロボットエンジニアとしての面白みはどこにありますか?

運用するにあたっての安全性などの面からやれることとやれないことはありますが、ケーススタディを重ねていくしかない。今年やれたので2017年も引き続き続けていきたい。

エンジニアとして好きなキャラクターが作れるということは大事と思っていて、空想の今ないものを具現化することにコミットできるところに面白みを感じています。

──今後の目標は?

1つ1つクリアしていくことがたくさんあるが、最終的にはタチコマとフラットに遊べることが目標です。

安全性を担保したうえで、ある程度お客様が往来する中に配置することもやっていきたいとは思っている。

今回の実証実験はその一歩で、商業施設内での安全性から完全自立型ではなく半自立型のタチコマにはなった。2018年3月に本格的な稼働を予定しています。

iPhoneアプリ「バーチャル・エージェント・タチコマ」画面

iPhoneアプリ「バーチャル・エージェント・タチコマ」ではユーザーとのやり取りによって性格・口調が自分だけのタチコマになっていきます。

アプリ内操作でIGストアの商品を取り置きができ、店舗では年明けから自分が育てたタチコマが店頭の実機に乗り移って接客しています。

海外でも人気のある攻殻機動隊含め、タチコマリアライズを契機に様々なIPを入り口にしてベンチャー企業のものづくりが加速することに期待しています。

【実証実験概要】

渋谷マルイ 7階 「I.G ストア」

  • 住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-6
  • 期間:2016年12月23日~2017年1月15日 (予定)

アジア太平洋トレードセンター 「I.G ストア出張店」

  • 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10
  • 期間:2017年1月19日~2017年1月30日 (予定)

新井 秀美
行政書士をしながら、クリエーターのためのポートフォリオ作成サイトCOLET(コレット)開発中。StartupWeekendにてフェチ東京を作った優勝経験からハッカソン参加経験もあり。ちょっと変わった事業相談が大好き。
六本木の政策研究大学院大学にて行っている知的財産マネジメント研究会(Smips)の「エンタメと知財分科会」共同オーガナイザー。
Twitter:@parrotJPN
COLET(ベータ版)

  • 17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

Pepperは新しいITプラットフォームの幕開けか?──Pepper Tech Festival 2... 「Pepper Tech Festival 2014」オープニングショー ついにPepperがヴェールを脱いだ! Pepperのダンスパフォーマンスから皮切り。インタラクティブデザイナーのkenさんとアートディレクターのCocoさんの兄妹に­よるMedia Art Unit「HDMI」プロデ...

今週のPickUPレポート

新着記事

週間ランキング

CodeIQとは

CodeIQ(コードアイキュー)とは、自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービスです。

CodeIQご利用にあたって
関連サイト
codeiq

リクルートグループサイトへ