CodeIQ MAGAZINECodeIQ MAGAZINE

きゃんちおすすめの理系ミステリー☆ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬シリーズ最新作『顔貌売人』が面白い!

2017.08.30 Category:【連載】きゃんち☆ギークライフ Tag: ,

  • 33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラマの探偵とIT系の人材紹介会社の女社長がIT犯罪に立ち向かう理系ミステリーの最新作『顔貌売人』が8月に発売されました。CodeIQの出題者としてもおなじみの柳井政和氏が描く『ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』シリーズ最新作を、“きゃんち”こと喜屋武ちあきがレビューします♪ by 喜屋武ちあき

メガネをかけたボサボサ頭のヒーロー「ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」

新感覚のヒーローを見つけました。いえいえ、マーベルではありません。

わたしが見つけたのは、黒のタートルネックセーターにジーンズ、メガネをかけたボサボサ頭のヒーロー。

え、それ、どこがかっこいいの?

当然の質問です。でも、冷たくて、無愛想で決してヒーロー然とはしていない変わり者、なのに結果として人を救っちゃう。なんという二次元的萌え要素の宝庫……!!

そんな彼が登場するのは「ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」シリーズの最新作『顔貌売人』。タイトルにある鹿敷堂桂馬こそが、今まで見たことのないヒーローなのです。

この作品は松本清張賞の最終選考に残ったミステリー作品「ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬 裏切りのプログラム」の続編として8月に発売されました。

まずは顔貌売人という言葉。ふた文字目の貌という言葉の意味としては物のかたち、外観、見かけ、などがあって、容貌や美貌などに使う言葉。顔のかたちを売る人、というタイトルですね。

主人公の安藤裕美はプログラマーの転職支援をする会社の社長。作品の中心となる事件の舞台はIT業界。そして鹿敷堂桂馬の職業はIT技術者。

さらに、主人公の経営する会社コードエージェントはCodeIQをモデルにしているということなんです!なんとこの作品の作者はCodeIQに出題もしていらっしゃる現役プログラマーの柳井政和さん。

柳井さんはプログラマーとして働きながら何十作品以上も小説を書いて賞に応募されてきました。前作「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」で、松本清張賞の最終選考に残りデビュー。

でも実はIT業界を舞台にしたものを書くのは鹿敷堂シリーズが初めてだということなのです。

顔認識システムで過去があばかれる女優

実は私、先日のコミックマーケットで芸能界を舞台にした小説を書いたんです。14年間芸能のお仕事をしてきて、自分では意識することはないのですが、やっぱり知らない世界のことを書くより、自分が知っている世界のことは書きやすい。

実際、作中に登場する鹿敷堂のプログラミングに関する知識は専門的で、ITにうとい主人公の安藤裕美が適宜質問をしていくことで読みやすく解説されていきます。

IT業界で生きてきた柳井さんだからこそ書ける細やかな描写は、IT業界の方が見ればきっとリアルで、そうでなければとても新しくて、知らない世界を知ることができるもの。IT業界を中心にしたミステリーという斬新な切り口が、松本清張賞で選考委員の方々の支持を集めた理由のひとつだと思います。

事件は、とある銀行で働く普通の女性の元に届いた「おまえ、AVにでてないか」という一通のメールが発端となります。卒業アルバムの写真を送ると、顔認識システムを使ってアダルトビデオに出ている女優と照会するというインターネット上のサイト。望んで出演したわけではなかったからこそ過去を隠し、ひっそりと生きている女性の立場からしたら、恐ろしいサイトです。

読み進めていて思ったんですが、これ、本当に誰にでも起こり得ることですよね、これからの時代は特に。カメラ付き携帯電話の普及で、当たり前のようにどこでも写真を撮れる時代。保存は端末でもクラウドでも、大容量で保存できるので過去のものでも残りやすい。

私だってありますよ、暴かれたくない黒歴史。
20代、特にバリバリアイドルとして活動している頃、もしあの写真が世に出たら……と不安な夜を過ごしたこともあります。

え、きゃんち、まさか公序良俗に反する写真が!?と思った方もいると思うので、なんの写真か言ってしまいますけど、まさに私にとっては卒業アルバム自体が黒歴史なのです。

小学6年生のある日、卒業アルバムの表紙の撮影がありました。クラスメイト全員でグラウンドに並んで校舎屋上から撮ってもらったのですが、直前にとあることで号泣していた私は、完全にふてくされて長い髪の毛を顔に垂らし、そのまま撮影されました。

出来上がったアルバムの表紙には、ひとり貞子のようになって映る自分の姿。これね、もう今となってはさすがに笑い話ですけど、やっぱり当時は表に出てほしくないと思っていました。

とにかく、私にもそんな過去があるように、誰だって隠したい過去のひとつやふたつあると思います。それが誰かに知られてしまったら?しかも、それをネタに揺すられるなんてことがあったら。
もしかしたら、過去だけじゃないかもしれない。

例えば、街を歩いていて飲み終わったペットボトルをポイ捨てしたとしましょう。(しちゃダメですけど!)数日後、「あなたの犯行現場は抑えた!警察に突き出されたくなかったら千円払え!」なんていうメールが届いたらヒヤリとしますよね。

なぜ、自分のことを知っているのか、どこから見ていたのか、もちろん丁寧にその瞬間の写真付き。そういったことがこれからは可能になる、というかやっていないだけで、技術的には可能なんだと思います。

技術は人を幸せにするために役立ててほしい

私は最近VALUというサービスを利用しています。これもまた新しいおもしろさを感じるものなのですが、先日、多くの人が「そりゃないぜ!」と思うような使い方をした方がいました。ことの顛末を見ていて、改めてものは使いようだなと思ったばかりなのです。

VALUに限らず、ネットのサービスを使う上で大切なことは、利用したい人が使いたいように使っていいけど、各々が人様に迷惑をかけない良識と、行動責任を持つこと。

新しい技術やサービスで何か問題が起こると、すぐにそれ自体を危険なものだ、悪だと決めつけてしまう人も出てきます。ドローンなどもそうでしたよね。いい使い方ができればとっても面白いものだけど、知らないものは怖いから、まず否定から入ってしまうという人間の心理。

でも、そうなってしまうと新しいものは成長していけなくて、可能性の芽がつまれてしまうことだってあると思うんです。

ただ、IT業界にいる皆さんは常に新しいこと、より良い生活を送るためのものを模索するのが好きな方も多くて、私はそういうところをとっても素敵だと感じています。

話を少し物語に戻すと、「顔貌売人」に登場する犯人は、とある出来事から、とあるものを恨み、新しいサービスを悪用して「顔」を売ろうとします。(こう書くと、顔を知って有名になりたいみたいですね)

作中では、主人公サイドだけでなく犯人サイドのことも少しずつ語られていきます。なぜ、こんな事件を起こしたのか。犯人サイドから見ていくととても切ないんです。

改めて、新しい技術をどのように育てていくのかは、誰を幸せにしたいのか、誰を不幸にしたいのかという人の心が左右していくものなんだろう。なんてことを考えさせられました。

主人公ハッカー探偵、鹿敷堂 桂馬に萌えまくり

さて、無愛想男子萌え垂涎キャラ、鹿敷堂 桂馬のことももう少し。彼は登場時から萌えの宝庫です。身長180センチほど、痩せ型、鳥の巣頭、無表情。

住んでいる場所はまるで倉庫。できれば近づきたくないようなこの男が、丁寧に淹れてもらったブラックコーヒーを飲んで驚いたり。マグカップを指でコツコツ叩く癖を披露したり。

目の前にいたらちょっと絡みづらいと思うので、なんといいますか、小さな箱庭にたくさんのコンピュータやら何やらを置き、そこにカシキドウくんを入れて観察したい。そんな気持ちを抱いております。

今のところ恋愛要素があまりないのですが、もともとシリーズとして続けていくことを想定されている作品ですから、女性としては淡い恋愛模様なども今後に期待です。

後半に向けてピースが集まり、追う側と追われる側の交互のせめぎ合いが盛りあがっていくところも、とてもワクワクしました。ミステリーとはいえ、IT業界を取り扱った作品でここまで迫力を感じられることにも驚きでした。

ITに携わる方々だからこそ感じるようなことも多い作品だと思います。ぜひご一読くださいね!


顔貌売人』 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
柳井政和
定価:本体1,750円+税
前作「裏切りのプログラム」で登場した名コンビが情報技術を駆使し、汗をかき足で稼いで真実に迫っていく。最先端の情報犯罪と、現代社会の底辺で足掻く者たちの苦悩を活写する傑作ミステリー第2弾。


著者の柳井さん出題!プログラミング謎解きに挑戦しよう!

『顔貌売人』の著者、柳井政和さんがCodeIQでプログラミングミステリ問題を出題中です。あなたは無事にコードに隠された謎を解けるでしょうか?ぜひ挑戦してみてくださいね!

関連レポート


喜屋武 ちあき
きゃんちのニックネームで親しまれる。
職業はオタク>アイドル。というくらい、アニメ・ゲーム・マンガが大好き。男装ユニット風男塾の元リーダー。CodeIQでITエンジニアのギークライフを突撃レポート中!ヨガインストラクターとしても活動し、「アニメヨガ」を考案
喜屋武ちあきオフィシャルブログ:きゃんちまいんち!
Twitter:@kyanchiaki

  • 33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

喜屋武ちあき、恵比寿にできたITエンジニア向けシェアハウスに突撃してきました!... ギークなこだわりが満載のコンセプト型シェアハウス! こんにちは、きゃんちです。 毎日おうちで趣味に没頭し、悠々自適なひとり暮らしをしている私ですが、 たまーにひとりが寂しい時もあります。 もちろん年齢的にも結婚って選択肢もあるかもしれませんが、 もしゲームしている時に「ゲームばっかりするな!」...
トレタのおしゃれオフィスに訪問してきました──きゃんちのギークガールになりたくて... トレタに期待の大型新人が加入!? こんにちは!きゃんちです。 増井さんにトレタさんの五反田オフィスは、カップルがカフェと間違えて入ってくるくらいおしゃれだと聞いて、取材に来ちゃいました。 前回からの変化はもちろん、トレタの採用基準や今後のビジョンまで聞きましたよ! まずは恒例のメンバー紹...
Cygamesが「グランブルーファンタジー」をネイティブではなく、ブラウザベースで開発した理由... ひとつのゲームタイトルに関わるのは約100人! きゃんち:今日は「グランブルーファンタジー」を開発しているCygamesさんに、増井さんと取材に来ました! いま話題の「グラブル」がどのように開発されているのか、開発に深く関わっているお二人にお話を聞けるので、わくわくしています。 ▲きゃんちこと...
喜屋武ちあき☆Channel 9レビュー「業界の人に聞いてみた!ゲーム視点でのWindowsと開発環... ご存じですか?Microsoftの「Channel 9」 みなさまこんにちは!きゃんちです。 突然ですが、Microsoftさんの「Channel 9」というサイトをご存知ですか? テクノロジに関する情報を発信する動画コミュニティサイトで、イベントやセミナーを始め様々な動画がアップされています...
きゃんちハンタートーク炸裂!小嶋慎太郎氏に聞く『モンスターハンタークロス』開発エピソード #MHX ... モンハン創世記から関わる小嶋Pのヒストリー こんにちは!きゃんちこと、喜屋武ちあきです。 今回は大好きなモンハンの最新作『モンスターハンタークロス(MHX)』の担当プロデューサーである小嶋慎太郎さんにインタビュー! モンハン部特製クロスジャージを装備してモンハンクロスの開発舞台裏について、いろ...
きゃんちが直撃取材!中高生に大人気のタテ読み&タダ読み「comico」の開発舞台裏とは──... 約1年7カ月で1000万ダウンロード達成した人気サービス「comico」 サービス開始から約1年7カ月で1000万ダウンロードを達成した人気サービス「comico」。ユーザー数もさることながら、アニメ化・書籍化された作品が多いことでも注目されています。 今回訪問したのは、今年1月に虎ノ門...

今週のPickUPレポート

新着記事

週間ランキング

CodeIQとは

CodeIQ(コードアイキュー)とは、自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービスです。

CodeIQご利用にあたって
関連サイト
codeiq

リクルートグループサイトへ