CodeIQ MAGAZINECodeIQ MAGAZINE

【コードミステリ】数字に隠されたメッセージ【言語不問】解答と解説

2017.09.19 Category:CodeIQ問題解説・リーダーボード Tag:

  • 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミステリー風味の簡単なプログラムを書いてみよう、というプログラミング問題でした。

あなたは見事、プログラムを書けましたか? というわけで、出題者の柳井さんによる解答と解説をどうぞ!
by CodeIQ運営事務局

【コードミステリ】数字に隠されたメッセージ【言語不問】

本問題は、表題のテーマで、簡単なプログラムを書くものです。

喜屋武ちあきさんによるCodeIQ MAGAZINEでのブックレビューに合わせて、『顔貌売人』(文藝春秋)とのコラボ問題として出題されたものです。

それでは以下、問題とその解答を見ていきましょう。

問題

各行から得られる正の整数(1~9999)を16で割ります。

得られた数字に応じて、以下の表を元に文字を得て、全て連結して出力して下さい。

各プログラミング言語の入出力の方法は、各言語の標準入出力サンプルを参考にして下さい。

以下、対応表です。

得られた数字 出力する文字
0 0
1 1
2 2
3 3
4 4
5 5
6 6
7 7
8 8
9 9
10 a
11 b
12 c
13 d
14 e
15 f

以下、入力例1です。

10
12
14
17

以下、出力例1です。

ace1

以下、入力例2です。

6562
5963
1450
2077

以下、出力例2です。

2bad

答え

この問題は、いくつかの解き方があります。

解法1

まずは、問題文の通りに解く方法です。各行から得られる整数を16で割り、その剰余を利用して対応する文字を取得します。

以下、実例のコードです。サンドボックスで試せる、Node.js用のものです。

// https://codeiq.jp/tools/sandbox/
// Node.js

// 解答1
process.stdin.resume();
process.stdin.setEncoding('utf8');
process.stdin.on('data', function (chunk) {
    var lines = chunk.toString().split('\n');
    var src = lines.map(function(x) {return x * 1});

    var res = src.map(function(x) {
        return '0123456789abcdef'[x % 16];
    });
    process.stdout.write(res.join(''));
});

「’0123456789abcdef'[x % 16]」の部分で、対応する文字を決定しています。16で割った剰余を利用して、文字列の中から対応する文字を選んでいます(JavaScrptは『文字列[添え字]』で、その位置の文字を取得可能)。

そして、「res.join(”)」の部分で文字を結合しています。

解法2

次は、対応する文字が16進数の値であることに注目した方法です。数値を16進数に変換して末尾の1文字を得ます。

以下、実例のコードです。サンドボックスで試せる、Node.js用のものです。

// https://codeiq.jp/tools/sandbox/
// Node.js

process.stdin.resume();
process.stdin.setEncoding('utf8');
process.stdin.on('data', function (chunk) {
    var lines = chunk.toString().split('\n');
    var src = lines.map(function(x) {return x * 1});

    var res = src.map(function(x) {
        return x.toString(16).substr(-1);
    });
    process.stdout.write(res.join(''));
});

「x.toString(16).substr(-1)」の部分で、対応する文字を得ています。16進数の文字列に変換したあと、末尾から1文字を得ています。

そして、「res.join(”)」の部分で文字を結合しています。ここは解法1と同じです。

解答の入力と出力

解答の入力と出力は、以下になります。

以下、入力1です。

6575
5962
1452
2078
1729
7314
595

以下、出力1です。

face123

以下、入力2です。

6573
5966
1450
2077
1732
7327
602
5916
7726

以下、出力2です。

dead4face

どちらの答えも、『顔貌売人』にちなんで『face』の文字が含まれています。対応する文字が『0123456789abcdef』なので、そこからアルファベット『abcdef』を利用して単語を組み立てています。

というわけで、小説『顔貌売人』もよろしくお願いします。

CodeIQ運営事務局より

柳井さん、ありがとうございました!
現在、柳井さんの最新問題が出題中です。
ぜひ挑戦してみてくださいね!

  • 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

【謎解きプログラム】座標の移動【Matrix】解答と解説... 【謎解きプログラム】座標の移動【Matrix】 本問題は、表題のテーマで、プログラムにちなんだ謎を解くというものでした。 それでは以下、各問題とその解答を見ていきましょう。 問題のオープニング ある日、出社すると、あなたのPCのログイン画面に、謎の挑戦状が表示されていた。 「24時間以内に...
数学の問題をプログラミングで解こう!「ストレート・ラインズ」問題解説... 問題のおさらい 2 以上の自然数 n に対し、n×n の格子状に並んだ点を考えます。 これらの点のうちちょうど 2 個の点を通る直線の数を F(n) と定義します。 例えば F(2)=6 です。題意を満たす直線は以下の 6 通りです。 また、F(3)=12 です。題意を満たす直線は以下の...
【謎解きプログラム】この処理は?【コードを読もう】解答と解説... 【謎解きプログラム】この処理は?【コードを読もう】 本問題は、表題のテーマで、プログラムにちなんだ謎を解くというものでした。 それでは以下、各問題とその解答を見ていきましょう。 問題のオープニング ある日、出社すると、あなたのPCのログイン画面に、謎の挑戦状が表示されていた。 「24時間以...
数学の問題をプログラミングで解こう!「ループ・トラッキング」問題解説... 問題のおさらい 自然数 n に対し、関数 Fn(x) を次のように定義します(floor():床関数)。 例えば n=10, x=1 のとき、F10(1) = floor(4×1×9÷10) = 3 です。 さて、整数 k(0 ≦ k ≦ n)に対して、関数 Fn による変換を繰り返し行い...
【謎解きプログラム】どんな結果になる?【アロー関数】解答と解説... 【謎解きプログラム】どんな結果になる?【アロー関数】 本問題は、表題のテーマで、プログラムにちなんだ謎を解くというものでした。 それでは以下、各問題とその解答を見ていきましょう。 問題のオープニング ある日、出社すると、あなたのPCのログイン画面に、謎の挑戦状が表示されていた。 「24時間...
数学の問題をプログラミングで解こう!「カウント・スリー」問題解説... 問題のおさらい 自然数を 1 から順に書き並べていきます。 このとき、3 の数字が現れる回数を数えます。 自然数 n に対し、ちょうど n 個目の 3 の数字が現れたときに書いている数を F(n) と定義します。 例えば F(10)=35 です。 下の通り、10 個目の 3 は、35 を書いて...

今週のPickUPレポート

新着記事

週間ランキング

CodeIQとは

CodeIQ(コードアイキュー)とは、自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービスです。

CodeIQご利用にあたって
関連サイト
codeiq

リクルートグループサイトへ