CodeIQ MAGAZINECodeIQ MAGAZINE

codeforjapan

社会インフラとなったオープンソースコミュニティに学ぶコミュニティ運営のコツ─CIVIC TECH FORUM 2017

地域の課題をテクノロジーで解決する市民の活動、シビックテック。ここ数年で全国的に広がり始めたシビックテックは、今や企業や行政などにも広がりつつある。CIVIC TECH FORUM 2017で開催され… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2017.05.18

電子行政・子育て応援・公園情報・給食事故防止…地域の課題をテクノロジーで解決する活動紹介─CIVIC TECH FORUM 2017

地域の課題をテクノロジーで解決する市民の活動、シビックテック。ここ数年で全国的に広がり始めたシビックテックは、今や企業や行政などにも広がりつつある。CIVIC TECH FORUM 2017の「ランチ… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2017.05.18

被災地の心のケアや、避難所の課題を解決する──熊本や石巻のエンジニアも参加した減災ハッカソン「Race for Resilience 2016 熊本」レポート

防災、減災のハッカソンイベントとして世界の都市で開催されている「Race for Resilience」。 今回は実際に被災した地で開催することに意義があるということで、熊本で「Race for Re… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2016.11.07

ドローン宅配、除雪、子供の見守り、限界集落──地域課題を解決するシビックテックが広がる「CIVIC TECH FORUM 2016」レポート

公共サービスに一方的に依存するのではなく、テクノロジーと市民の力で、社会に安全や利便性、新しいビジネス機会を生み出そうとする試み──シビックテックの波が春の芽吹きのように全国に広がりはじめている。昨年… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2016.04.06

テクノロジーで社会を変える!日本におけるシビックテックの可能性を議論──「CIVIC TECH FORUM 2015」#civictechjp

もはや政府や自治体による公共サービスに依存するのではなく、テクノロジーの力を得た市民自らの手で、この社会に安全や利便性を生み出そう── 3月29日、「シビックテック」の課題と可能性を探るイベントに、3… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2015.04.10

コードの力を、浪江町の復興支援に活かす!「Code for Namie」プロジェクトが派遣エンジニアを募集 #codeforjapan

情報技術を活用した地域課題解決に取り組むコミュニティを支援する「Code for Japan」が、自治体への民間技術者派遣プログラムをスタートした。東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により全町避難… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2014.05.13

石井裕×渡邉英徳 緊急対談──「3.11」を未来記憶化するために必要なアーキテクチャとは #3.11

事故や災害、戦争などの資料を発掘してマッシュアップし、優れたインターフェイスを備えた、誰もが使いやすいアーカイブにまとめる。そのアーカイブを育み、記憶を未来につたえるコミュニティを形成する。 これから… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2014.03.18

石井裕×渡邉英徳 緊急対談──「3.11」の情報と体験をどう未来記憶化するか #3.11

戦争や災害の記憶を時代や国境を超えて伝えるデジタルアーカイブの試みが注目されている。「情報アーキテクト」として、データと社会をつなぐ試みを続ける首都大学東京・渡邉英徳准教授。デジタル世界と物理世界をシ… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2014.03.11

「オープンデータが社会を変える~共創によるイノベーション~」レポート #未来メディア #codeforjapan #civictech

政府、自治体、企業などがデータを広く公開し、それを活用したアプリやサービスが広まることで、社会に新たなイノベーションが生まれる。 その可能性をめぐって、1月16日、一つのシンポジウムが都内で開かれた。… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2014.02.03

MITメディアラボ石井裕教授が語る「データをイノベーションに変えるためには、戦略性が欠かせない」 #未来メディア #MIT #opendata

朝日新聞社シンポジウム「オープンデータが社会を変える」で基調講演を行ったMITメディアラボ石井裕教授。 セッションのレポートに加え、オープンデータ活用のためにいま求められる「知」のストラテジーについて… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2014.01.30

発展途上国×防災・減災の課題をいかにハックするか?「Race for Resilience」アイデアソン #race4r

発展途上国では台風、地震、津波、洪水、干ばつなどの自然災害で、想像を絶するような多数の犠牲が生まれる。こうした被害を未然に防ぐための、防災・減災技術にどのように貢献できるか。 ICTのノウハウやオープ… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2014.01.21

オープンデータ活用のためのクエリ言語SPARQLが、いま注目される理由 #sparql #opendata #codeforjapan

オープンデータ活用が進むにつれて、注目されるのがRDFと呼ばれるデータ・フレームワークと、そのデータにアクセスするための言語SPARQL。 それが注目される背景について、福井県鯖江市でオープンデータ活… →続きを読む

by 馬場美由紀 (CodeIQ中の人)

2014.01.10

今週のPickUPレポート

新着記事

週間ランキング

CodeIQとは

CodeIQ(コードアイキュー)とは、自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービスです。

CodeIQご利用にあたって
関連サイト
codeiq

リクルートグループサイトへ